メガメニュー を閉じる

コラボハウス愛媛一級建築士事務所

メニューを開く

STAFF

小笠原 祥

愛媛県スタジオ

現場管理担当
今治オープンスタジオ

小笠原 祥
Ogasawara Akira

・広島県広島市安佐南区出身
・広島県立可部高等学校普通科 卒
・広島工業大学専門学校建築科 卒

二級建築士
福祉環境コーディネーター2級

お客様にひたむきに

 現場監督として、お客様、設計士のアイディアを... 実現するための具体的な方法を考え、家を完成まで着実に進めていくのが仕事です。

 建築の専門学校を卒業後、広島の工務店で現場監督になりました。2級建築士の資格を持っていますが、家のことを知るには現場が大切だと思ったので。そこの会社は画一的な家を建てることが多く、1年を過ぎるころには仕事を流れ作業のように感じ、自分をもっと成長させたいと感じ始めていました。そんなとき、愛媛出身の現場監督仲間からコラボハウスをすすめてもらいました。同じ家が2つとないことに驚くと同時に、直感的に学びの多い環境だと感じ、転職を決めました。現在5年目ですが、ますます仕事が面白くなっています。

 担当した家は、どの家も思い入れが強く、忘れられません。そんな中、お打ち合わせ中のお客様に「私たちのこと、よく分かってます」言っていただけたことは、今も胸に深く刻まれています。お客様と真剣に向き合い、ひたむきに考えていた私にとって何より嬉しい一言でした。

 設計士は、お客様と一緒に家の計画を創りあげ、現場監督は、そのアイディアを職人さんが実現できるように、いくつもの案をあげます。現場監督にとって大切なのは、お客様のご要望を具現化すること。すべてのお客様に「担当が小笠原でよかった」と言ってもらえる現場監督を目指して、ひたむきに頑張ります。

家づくりの始め方から学べる!無料相談会のご予約はこちら

SNS Contents SNS Contents

フォローして、
最新情報をGETしよう!

無料相談会 ご予約はこちら

pagetop
© 2022 collabo house Co.,Ltd.