メガメニュー を閉じる

コラボハウス一級建築士事務所

メニューを開く

BLOG

設計士 堂道飛鳥

2023/03/26

つなぎ融資とは!

こんにちは!

久万ノ台スタジオの設計士、堂道です!

堂道ということはお金の話です〇

 

本日は…「つなぎ融資」についてお話していこうと思います!

 

分かりやすく表現したいので、厳密には違う言い回しがある場合がございます。

悪しからずご了承くださいませ。

 

まず、住宅ローンは、ローンとして借りたお金を使ったら、「次の月」から支払いが始まる。

というのが通常運転です。

 

 

土地購入の方なら、「土地代金の支払い月」

持ち土地の方なら「着工金の支払い月」

のタイミングにローンのお金を使い始める事が多いです。

※お家づくりのスケジュールについては設計士に直接ご相談ください〇

 

着工金の支払いから、4カ月~5カ月は今の賃貸に住まいながら、お家の完成を待つ方がほとんどです。

ということは、お家の完成までは賃貸と住宅ローンを二重に支払います。

 

そこで、使うのが!!「つなぎ融資」!!
なんと、住宅ローンの支払いをお家の完成まで待ってくれます。

なんて良心的な制度なんだ…

 

 

世の中そんなに甘くありません。

 

つなぎ融資にももちろんお金がかかります。

待ってもらっている分、「利息分」だけ払ってね。というものです。

例えば融資額が3000万円で つなぎ融資金利が1%だとすると、

 

(3000万×1%)÷12=25000円

融資額 × 金利(年利) ÷ 12か月(1年) =月々の利息分

※金利については前の投稿で触れております。ぜひご覧下さい。

 

このようになり、待ってもらった月数×25000円、つまり5カ月で125000円かかる計算になります。

少しもったいない気がしますよね。

そのため、ご実家暮らしでこの金額をかけないようにしたり、つなぎ融資無しで進められる方もおられます。

 

 

つなぎ利息の計算は金融機関によって変わります。
つなぎ融資と同じように、支払いを待ってくれる制度がある銀行さんもおられます。

それぞれの銀行さんで方法や金額、そもそもの仕組みから違うこともあります。

詳しくは設計士にご相談ください!

 

 

コラボハウスの設計士は、設計だけではなく、大切なお金の話も相談できます。

設計はもちろんのこと、お家づくりにかかわる
設計以外のことも日々勉強しておりますので、お気軽にご質問ください〇

 

次の投稿もぜひご覧ください!

 

 

 

久万ノ台スタジオ
設計士: 堂道 飛鳥

 

 

 

 

 

家づくりの始め方から学べる!無料相談会のご予約はこちら

SNS Contents SNS Contents

フォローして、
最新情報をGETしよう!

無料 相談会予約

イベント情報

pagetop
© 2022 collabo house Co.,Ltd.