設計士と一緒に注文住宅をつくる住宅会社 コラボハウス|愛媛県松山市
  • TOP>
  • スタッフ紹介

西村 和也

西村 和也
設計・インテリア担当
久万ノ台オープンスタジオ
西村 和也
Nishimura Kazuya

旧北条市出身
新田高等学校 普通科
愛媛電子ビジネス専門学校建築CAD設計科

「好き」を集めて、無理のない形に

 「こんな家にしたい」というお客さまのぼんやりとしたイメージから、そのお客さまが「好き」と感じる核に気づき、それをその土地の風や光と合わせて、お客さまが心地よく暮らせる空間をデザインするのが仕事です。
 
 お客さまは、背伸びをしたがるもの。それを予算内に抑えつつ、夢を叶えるのが設計士の仕事だと思っています。言葉だけではどうしてもすれちがいが起きる。だから、住宅雑誌の「好き」「嫌い」を感じるページに付箋をつけてきてもらって、全体を眺めると、お客さんの核にあるものが何なのか、たとえば「薪ストーブ」なのか「杉板の床」なのか、何となく分かってくるんです、お互いに。家づくりは、お客さま自身が今まで意識していなかった自分の好みの中心を探す作業なんだと思います。
 
 高校を卒業するとき、就職活動に失敗。たまたま兄が通っていた建築関係の専門学校に進みました。現場監督志望でしたが、まずは人と話せないとと思い、住宅メーカーの営業の仕事を経験しました。営業は「アゴで勝負」。契約がゴールと思っていましたが、コラボハウスに入ってから変わりました。二級建築士の資格を取得し、設計士としてお客さまの思いを直接受けとめ図面を描くようになると、引き渡しでも、ゴールという感じがしない。住み心地はどうかな、とか、ライフスタイルが変わってどこか直すところが出てきたかな、とか、どの家もずっと気にかかります。家を建てたお客さまが、別の家の完成見学会に来て、住み心地を話してくださるととてもうれしいですね。本当はうかがって、じっくりお話をお聞きしたいんですけど。
 
 コラボハウスで自宅を建てたので、お客さまの気持ちがもっと具体的に分かるようになりました。住宅ローンが発生したり、季節による風の抜け方を感じたり、新築を建てた時の子どもの動きが分かったり。うちの子たちの成長と共に、引き渡した後のそれぞれの家の生活の変化を想像する。実生活すべてが仕事につながっています。

【資格】二級建築士
一覧に戻る