コラボハウス一級建築士事務所|愛媛で設計士と注文住宅をつくる設計事務所|住宅会社|新築
  • TOP>
  • 全職種共通条件の詳細

全職種共通条件の詳細

全職種共通条件の詳細

よく学びよく伝える人

家づくりには、昔から今まで変わらないことがあります。
快適な空間の作り方や住まい方には、昔から変わらず大切なことが詰まっています。

一方で、金利などお金の話や、近年注目されている家の性能、
設備の話など、常に変化していることもあります。
家を建てようと思い立った方が、その全てを知り、準備する必要があるでしょうか?

コラボハウスでは、家づくりのプロフェッショナルとして、
家づくりにかかわる全てを、お客様に成り代わって学び続けます。
そしてお客様に、メリット・デメリット含め、
しっかりと伝えなければなりません。
それが当たり前と思える人が、本当の意味でお客様に寄り添える人だと思います。

自ら気付ける人

家づくりのお手伝いをする、という役割りは
お客様にとって刺激的な存在、新しい地点にナビすることでもあります。

見たことの無い生活、
持ってない感覚を魅了するコトで世界と感覚は広がる。

設計士の力が無ければ気づくことの出来なかった
そんな発見を提供出来るからこそ価値が生じ対価が生まれる。

他の住宅会社では手に入らない何かがあるから、
コラボハウスに来て頂ける。

発見・気づきのないモノなんて単なる時間とお金の空費に過ぎない。
自分が持っていないような視点から
たくさん面白い考えを聞けるからバリューを感じて貰えるわけです。

どんな仕事も、
求められるモノに予想以上に応えられた時に対価は成立する。

価値が見いだせなければ即座に選択肢から外されるし
価値や評価の取引が成立すれば納得して貰えるし次に繋がっていく。

家づくりのお手伝いの仕事は思ってる以上にシビアだということをお忘れなく。

自分の弱さに自信がある人

自信に満ち溢れている姿は、魅力的に思うかもしれません。
ですが、その自信は本当の自信でしょうか?

自信の無さを覆い隠すための虚勢を自信と履き違えたり、
自分自身を盲目に過大評価し、周囲への気遣いに欠けた自信に価値があるでしょうか?

自分ができないこと、自分の弱さを真正面から受け取り、
だからこそ何ができるか?どう行動するかを考えることができること。

自分の弱さを自分自身でしっかりと把握できている人。
弱さを強さに変換する準備ができている人。
そうなって初めて、
本当の自信を身にまとうことができるのだと思います。

度量のある人

この会社を信じても大丈夫?
お客様は何度も何度も自問自答してから家づくりを依頼して下さいます。

お客様が本当に興味を持っている事や心配していることを
正直に教えて頂くためには、
お客様との間にしっかりとした信頼関係が
成り立っていなければなりません。

家づくりにおけるメリット・デメリットを正直にお伝えできること。
そして、希望を投げかけたら応えてくれる、と感じて頂けること。
そう思えて初めて、
一緒に家づくりを進めるパートナーとして認めて頂けます。

自分の経験を生かして、
お客様の思いや気持ちを受け止めることができる、
そんな度量のある人をコラボハウスでは求めています。

他人のために本気になれる人

誰のために本気になれますか?

コラボハウスを始めたのは、
誰のためか分からない家づくりを止めたかったから。
それって会社のためじゃない?
それって自分のためじゃない?
住宅業界の常識は、お客様に向かっていないことがいくつもあります。
コラボハウスは、それを変えたい人が集まった会社。

会社のためではなく、自分の為でもなく、
何よりも他人のために本気になれること。

それは、ただ家を「売る」のではなく、「建てる」だけでもなく、
寄り添って共に創り上げること。
家づくりのプロフェッショナルとして、
家づくりをする上で、良い所、悪い所をしっかり伝えること。

お客様のために本気になれる人と一緒に、
家づくりをしたいと思っています。

自分の言葉を持っている人

言葉や表現は感情が作るのではなく経験が作り出す。

何でだろう… これってどういうことだろう… と何年も誠実に向き合い
何とか辿り着いてきた人の言葉には感情を揺さぶる力がある。

多種多様な分野で自らを磨いてきた人は、
1つのことを多角的に捉えられる。
その人の内面で抱えている何かに共感したり、揺さぶられたり
そこに惹かれて家づくりを依頼して下さる方も少なくありません。

そんな自分の言葉を持ってる人をコラボハウスでは必要としています。